輸入住宅は外観のイメージが強いが間取りにも特徴があります

家と設計図

Post list

輸入住宅の特徴的な間取りとその魅力

カラフルな家

輸入住宅と言えば素敵な外観を思い浮かべる方が多いと思いますが、間取りにも特徴があります。
例えば大きな吹き抜けや螺旋階段です。日本の住宅に比べ開放的な気分を味わえると共に、家族と顔を合わせる場が増えコミュニケーションがとりやすくなります。単にお洒落なだけでなく、家族間の雰囲気がよくなるのは素晴らしいことです。
また、ゲストを招くことの多い海外ではリビングがとても広く設計されています。大きな部屋が家に1つでもあると色々な用途に使用でき便利ですよ。海外式ホームパーティに憧れていたという方にもピッタリです。
北欧スタイルの輸入住宅では、回転窓が使用されています。日本の引き戸タイプとは違いしっかり窓を開けることが出来るため機密性はもちろん、換気や結露対策にも最適です。隠れる部分が少ないため掃除が容易だというメリットもあります。
これら以外にもガレージ等輸入住宅の間取りには日本の住宅とは違った特徴があります。日本には合わないというわけではなく、むしろ積極的に取り入れたいメリットがたくさんあるということを分かって頂けたのではないでしょうか。輸入住宅を建てる際には、是非外観と一緒に間取りにも拘ることをお勧めします。

輸入住宅って何?

一言に輸入住宅と言ってもどんなものなのか検討がつかない方は多数いらっしゃるかと思います。見た目が可愛い輸入住宅は北米や北欧から建材を輸入してそれを元に建築された住宅の事を言います。輸入住宅のメリットは外観の美しさにあるかと思います。
アメリカンスタイルやヨーロッパスタイルの家なので、お家の外観にこだわりを持つ方にはとてもおすすめです。また地震の揺れにも強く、輸入住宅の造りで取り入れられている2×4工法は壁が地震の揺れを分散させるのでお家にいても地震の揺れを感じにくいと言われているのです。そう言った基本性能の高さも輸入住宅のメリットと言えます。また、オープンな間取りを実現できますので、一つ一つの空間が大きいのでしきりの少ないオープンな間取りを実現させる事の出来る輸入住宅は解放的な雰囲気を味わう事ができます。こちら輸入住宅に使われている部材でもっとも占めているのがアメリカで、シェア4割以上です。
他にも北欧からの輸入される事が多いです。スウェーデンやカナダが15%と続き、他にデンマークやオーストラリア、ニュージーランド、フィンランドなどからも輸入されている部材もあります。ご興味のある方は是非ご購入をご検討してみてはいかがでしょうか。

輸入住宅のメリットやデメリットについて

海外の建築様式を持ってくることができる方法が輸入住宅です。つまりは日本家屋らしからぬ外観を出すことができるわけです。その点に多くの魅力を見出すことができるでしょう。日本に限ったことではないですが、分譲住宅は基本的には似たような建物がその地域に続くことになります。デベロッパーが大きく土地を買い、それを区分けして似たような戸建住宅なりマンションを建てるわけです。いちいち細かい部分やデザインの変更をしていますと費用が高くなってしまうので建売は似ている物ばかりになるわけです。
しかし、輸入住宅は違います。海外の様式をそのまま持ってくるわけであり、その上で日本の風土に合わせて設計変更もすることがあります。ですから、ある種の注文住宅に近いといえるでしょう。この点が一点ものの住宅を得たい、変わった形にしたい、趣が欲しい、という人にはお勧めできる要素といえます。反面、確実に存在しているデメリットもあります。
それがどうしても費用がかさむ、ということです。こればっかりは手間と時間がかかる以上、避けては通れない部分といえます。それ以上のメリットを見出すことができるのであれば輸入住宅は見栄えもよいですし、お勧めできる要素は強くあります。


輸入住宅にはメリットとデメリットがありますので、自分たちが住むうえで何が必要で何が不必要かしっかりと判断をして建てる必要があります。そこをきちんとしていれば、輸入住宅に住むというのはメリットのほうが大きくなることでしょう。

Pickup

輸入住宅を購入する際に留意したいアレコレ

茶色の家

輸入住宅を購入する際に留意したいアレコレについて、今回はまとめてみることにします。はじ…

»more

輸入住宅の魅力はどこにあるのか

大きな家

基本的に住宅というのは、手間がかかるほどコストが高くなっていきます。そのため、輸入住宅もその例…

»more

ライフプランニングと輸入住宅

パステルカラーな家

様々なタイプの住宅がある中でも、8年前に、我が家は北欧タイプの輸入住宅を購入しました。北欧タイ…

»more

情報収集を密にしながら輸入住宅選び

家

失敗しない輸入住宅選びのポイントのひとつは、情報収集をしっかりすることだと考えられます。特に我…

»more

TOP